2014年5月15日 (木)

My Web Page

大分前に自分のWeb Page(ホームページ)を作りました。

最近更新できていないのですが、いろいろ載せてあるので参考に。

プロフィールにリンク先があります。

ブログタイトル変更

Web検索したら自分と同じ”ムーミンパパのブログ”がたくさんありました。そこで月並みですがよく使われる○○をつけて区別してみました。

プロフィールも表示出来ていなかったので表示するようしました。テンプレートも季節に合わせ新緑に。

2014年5月14日 (水)

マストベアリング CK-46

Kimg0114

オークションで落札したルーフタワーに不備があり、代わりにクリエイトデザインのマストベアリング 「CK-46」を頂いた。
品物はかなり使用されていたようで、油分がなく良く回転しない状態でした。またすべてのボルト類は焼付は無く良い状態でした。

早速、分解し灯油で洗い、ベアリング部分にモリブデングリスをたっぷり付けて組立、良く動くようになりました。

ベアリングはテーバ型のベアリングで上下40個で構成されています。下のベアリングは白、上のベアリングは黒で、両方樹脂のようです。白はアセタール樹脂かと思います。黒は良くわかりません。

このマストベアリングはマストも点ではなく線で支えるので、強度が増しています。

このマストベアリングは建設予定のルーフタワーで活躍して頂く予定です。

2014年4月27日 (日)

松川

Kimg0080

田園調布の有名な和菓子店 松川に行った。近いのに知らなかった。知人から聞いたのだった。多摩川で降りて桜満開の桜坂を通り、松川へ。9:30開店だが30分前に到着。すでに3人並んでいる。9:30に開店したが、豆大福は10:00から販売という。都合1時間待ってようやく1箱購入。

大きな丹波産黒豆。変わっている。あんこが絶品。この上品な甘さは家ではできない。和三盆だろうか。とにかく絶品な大福だ。草餅、蒸し金つば、どら焼きも最高の出来。また食べたい。

アクアリウム

Photo 今年正月に水草水槽を立ち上げた。以前やっていたが、そのまま何年か放置してしまった。ようやくやる気になって、立ち上げ。2week毎の水替えが大変で以前はやめてしまった。クリプトコリネ中心の水槽で4か月経過。ネオンテトラ,カージナルテトラ,ラスボラ・エスペイ,オトシンクルス,ヤマトヌマエビ,ミナミヌマエビがいる。ミナミヌマエビは子供が生まれた。

75cm水槽でソイルではなく大磯砂、ろ過はエーハイム500(サブフィルタとして使用)+2213と2226のダブル。pHは水道水が8くらいなので、水槽では7.3くらいになる。なかなか弱酸性に下げるのは難しい。ようやく水質が安定してきたようだ。

カンパーニュ

P4130627a

久しぶりのブログ。なかなか書けずに4か月経ってしまった。パンは毎週焼いている。最近はカンパーニュ専門。生地量1~1.2Kgのカンパーニュを毎週焼いている。あこ酵母、自家製サワー種、自家製ぶどう種と酵母もいろいろ使っている。全粒粉、ライ麦粉の2種で、プレーンといちじくくるみが定番。小麦粉は国産がメイン。当初ざると帆布を使っていたが、加水量が多いので、くっついてきれいにできない。カッパ橋でバヌトンを安くゲットできたので、これを使いだした。型離れがよくとても良い。写真のようにきれいに焼けた。

家庭ではガスオーブンでないと火力が弱く、この量の生地量を焼けない。石窯に改造してあるので、この量を焼けるのかも。もう外でパンを買えなくなった。有名店でない限り自家製よりうまいパンが無い。

2013年12月22日 (日)

パン・オ・セーグル

1 2

パン・オ・セーグルを焼きました。ライ麦パンです。ライ麦率18%です。初めて自分で酵母を起こして作りました。レーズンでぶどう種を作り、毎日増やして、6日目に焼成したものです。クッキングシートに乗せる際に失敗してしまい、形はいびつになりましたが、クープも良く開き、エッジもできたので、まずまずでした。味はまだまだですが、小麦粉、水分量、焼成温度を調整して改良していきます。

2013年12月15日 (日)

パン屋めぐり

最近、大分太ってしまい、休日に散歩をすることになりました。公園の散歩+パン屋めぐりをしようと妻が提案してくれました。

妻も私もリーンなパンが好きなので、パン屋に行って、その後その近所の公園を歩いて、買ったパンを公園で食べたりしています。久しぶりの公園散歩で新鮮でした。砧公園も散歩しましたが、どんぐりあり、銀杏あり、松ぼっくりありで、拾って楽しい散歩でした。

行ったパン屋は
・シニフィアン シニフィエ
・ルヴァン
・ラトリエ ドゥ プレジール
です。みんな有名店でおいしいのですが、やはりお値段はそれなりです。

ネットで素敵なパン屋に出会いました。長野の山の上にある薪窯のこだわり素材の小さなパン屋です。名前は”わざわざ”といいます。通販もやっているので早速頂いてみました。素朴で味わいがあるパンです。すっかり気に入ってしまいました。都会の甘いパンに慣れている人にはお勧めできませんし高級店のパンを食べている人も合わないかもしれません。素材の味を楽しめる人には最高のパンと思います。今度機会があればお店を訪ねようと思います。

ピール(パーレ)

Photo_13

生地の出し入れに使うヘラ を ピール(パーレ)と言うそうですが、これも自作しました。天板を使わず、バゲット生地をベーキングシートに乗せ、そのままオーブン内の銅板に入れるわけですが、生地が柔らかくこれがないとうまく入れられないので、自作しました。ホームセンターの端材を利用し、そこに敷居スベリを張ったものです。ワンコインで良いものができました。妻が通っているパン教室の先生にも作って差し上げました。

じょうご

Photo_12

オーブンの蒸気入れですが、小石のトレーを引き出し、そこに水を入れるわけですが、かなり高温になっており、かつ高熱の蒸気が発生して、何度もやけどをしそうになりました。

そこで思いついたのが写真のじょうごです。ダイ○ーのじょうごにホームセンターで買ってきたフレキ管を差し込んだだけのものです。小石のトレイを引き出さず水を入れられるので、安全になりました。フレキ管は思ったより安いんですね。ワンコインで非常に良いものができました。

 

«発酵器その2